CAAT(コンピュータ利用監査技法)

CAAT(Computer Assisted Audit Techniques)はコンピュータ利用監査技法と呼ばれる監査を実施する際の手法です。企業規模の拡大、会社取引の複雑化に伴い、監査対象となる取扱いデータも莫大です。様々な法律が施行され、監査業務を取り巻く環境も、その責任も大変なスピードで変化しております。

昨今の企業では、企業活動の結果としての業務情報や財務情報を IT で管理することが非常に多くなっております。そのため、企業内に存在する様々な各種データに対し、直接的に監査を行う必要性が高くなってきました。

CAAT の対象は、財務データに限らず、企業内のあらゆる業務データに及びます。企業で利用している様々なデータから、直接的に監査手続を適用することが可能となります。一般的には、表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアなどを使うこともありますが、今では、導かれる結果の信頼性、安全性などが問われる傾向があります。CAAT は、客観的な高度なデータの分析、監査業務の効果的な実施と効率化などを可能とするものでなければなりません。

CAAT を代表する「データアナリティクス ACL」は、現在、150か国を超える国と地域、215,000以上のライセンスユーザーに利用されています。


ページTOPへ