導入/活用事例

業務プロセスの監視から、商品棚卸表の確認、あるいはシステム監査にいたるまで、内部監査を行うためには業務全般にわたる広い知識や経験とともに、緻密な検証能力が求められます。すべての帳票の整合性と現実の資産や負債との一致を、時系列の変化を追いながら突き詰めていくことで、適正であることを社内外に保証していく必要があります。ACL は、日々のビジネス活動を、会計情報システムや販売情報システムなどに蓄積されているデータから検証し、差異の有無を明らかにし、レポートします。ACL が提供するソリューションは、企業が書く業務の精度と整合性を確実にし、複雑さを増す企業において、内部統制の効果を最大限もたらし、監査における利用価値を高めます。

  • 監査業務の効率化、共有化
  • 監査結果への信頼性の向上
  • 監査リスクの削減
  • 独立性の維持
  • 進化する内部監査の役割を支援
  • 企業内に蓄積されたほぼすべてのデータの取り込みと分析ができるので、監査の完全性が向上します。
  • 検証作業において見落としがちな微小な例外や、処理の傾向、潜在的な問題点などを識別し特定することができます。
  • 内部統制上の問題を明確にし、規律の遵守を保証することができます。
  • 財務情報や急を要する取引情報の時系列追跡と分析が可能になります。
  • 誤りや不正による不具合・不整合の適正化を支援し、データの一貫性と正確な結果を保証することができます。
  • 分析テストを自動化し、その結果を電子メールによって速やかに受け取ることができます。

ページTOPへ