CPE:継続的専門教育

継続的専門教育(CPE:Continuing Professional Education)は、各種の資格発行団体が、資格認定合格者の専門職として相応しい能力・知識の開発を継続し、与えられた資格の知識、情報を維持することを目的としています。 資格取得者は、定められた期間内に、各資格団体が定めた継続的専門教育(CPE)を受講することが義務付けられています。

弊社エージーテックでは、以下の専門資格者(資格の一例)に対し、専門能力の維持、向上をお手伝いするための「ACL トレーニング」「データ監査マネージメント講座」などを提供しております。

公認不正検査士(CFE)

(資格保持条件)

  • 不正検査、会計・監査、専門的知識とその活用とされる研究分野において継続的専門教育(CPE)の単位の取得
  • 毎年、1月~12月の間に最低20単位の継続的専門教育(CPE)の取得
    その内、10単位は不正の発見、抑止に直接関係する内容でなければならない
公認内部監査人(CIA)

(資格保持条件)

  • 内部監査業務の質的向上に役立つテーマ(監査、会計、金融、証券、保険、経済、法律、コンピュータの各専門分野等)であるもの
  • 2年間に80単位の継続的専門教育(CPE)の取得
公認情報システム監査人(CISA)

(資格保持条件)

  • 情報システムの評価や、監査、管理、セキュリティ管理に関するスキル向上に直接適用できるもの
  • 毎年および3年間の公認期間中に 120時間(毎年少なくとも 20時間)の継続専門教育(CPE)の受講ならびに報告


※弊社開催コース受講した場合の継続的専門教育(CPE)単位数に換算した情報につきましては、コース毎に個別に参考表示しておりますので、各対象コースを参照ください。なお、表示された単位数は、実受講時間より算出された情報に過ぎず、単位数取得を約束したものではありません。

※資格保持条件、継続的専門教育(CPE)単位取得の条件等につきましては、各資格発行団体にてご確認ください。

詳しい情報についてはこちらからお問い合わせください。

メールアドレス:
info@acljapan.com

ページTOPへ